キャンセル   保存
保存 エディタ 画像

アートフラワー7exellence

 

 

アートフラワー 造花 メリット 利点 7exellence
 

 

アートフラワーとは、辞書では「紙・布などを使って、生花(せいか)に似せてつくった花。つくりばな。」と定義されています。現在は主に「ポリエステル」で作られた人工の花のこと。茎や葉の部分に針金が入っているものもあり、型抜きされた花びらや葉っぱを接着剤やテープなどで組み合わせて成形されています。
「造花」「アートフラワー」「アーティフィシャルフラワー」「シルクフラワー」などと呼ばれます。

 

 

アートフラワーの魅力を知っていただけるよう、特徴を7つにまとめました。

 

 

 

造花 アートフラワー 本物そっくり 生花みたい 本物感 メリット 利点 

 

 

ハイクオリティな最近のアートフラワーは、

生花と見間違えそうなほどリアルで、間違えて水をあげる人がいるほどです。

特に当店はアートフラワーのクオリティにこだわります。

 

 アートフラワー 本物そっくり アーティフィシャルフラワー

 

例えば左右のバラのアートフラワー(造花)。

原価の差は約5倍。金額の差は大きくても高品質な材料選びを優先します。

花の種類により、どうしても本物そっくりな 素材が手に入らないことも。
しかしアレンジ上、どうしてもその花を使いたい、ということもしばしばあります。
 

そこで当店独自に本物そっくり度という5段階の基準をもうけ、基本4以上、
アレンジ上どうしても少量だけ一部使いたい ときは3以上の素材を使うことに決めています。
 

また、どんなに上質な素材でも、触れたり至近距離で見ればアートフラワーであることがわかります。

花材の製造段階でほつれ止め加工されているとはいえ、処理が甘かったり、時間が経つと、生地によってほつれが出やすい場合があるので、そのような状態のままでは、いかにもフェイクっぽい感じが強調されてしまいます。

 

      アートフラワー 人気 アーティフィシャルフラワー


そこで、材料選びの段階でほつれが出にくい素材を選んだり、仕上げの際に細部をチェックし、出来る限り目立ちにくくなるよう細かいほつれ糸をカットしたり、またさらに広がらないようほつれ止めの液体で固めて仕上げた上で、出荷しています。

 

      アートフラワー 人気 アーティフィシャルフラワー

 

 


 


造花 アートフラワー 枯れない メリット 利点

 

アートフラワーの利点はなんといってもずっと枯れないということ。
花が最も美しく咲く姿のままで半永久的に飾っておけます。
 

季節や室内の温度、手入れの方法、また花の種類などにもよりますが、
生花店で買ってきて飾ると、大体1週間~10日で萎れたり、花びらが散ったり、枯れてしまいます
 


美しい生花のバラ                                         10日後の枯れた姿

アーティフィシャルフラワー 観葉植物 アートフラワー専門店


でも!
アートフラワーならずっとこのまま。


アーティフィシャルフラワー 観葉植物 アートフラワー専門店

 

実際に当店のFBやブログで実施した生花と造花の観察記録がありますので、
そちらもぜひご覧ください。→→→*生花VS造花 観察記録

 


 

 

造花 アートフラワー 経済的 メリット 利点
 

経済的 生花 アートフラワー比較


 

アーティフィシャルフラワー アートフラワー専門店 観葉植物
 

 

経済的に花を飾る アートフラワー アーティフィシャルフラワー



※ 仮にシーズンごとに造花のデザインを変えるとすると

1年間のアートフラワー代:23,000円 × 4回 = 92,000円

1年間の生花代252,000円 - 1年間のアートフラワー代92,000円= 160,000円

これでも年間160,000円の差額です。

 


アートフラワーは枯れないので、一度購入すれば買い替えの必要がありません。
デザインに飽きるまで飾っておけるので、経済性にも非常に優れています!

 


 

 

造花 アートフラワー 手入不要 便利 メリット 利点

 

 

「水やり・お手入れ不要」というのはアートフラワーの最大のメリットではないでしょうか。


ご自身やご家族が過ごす自宅、職場、お客様をお迎えするお店やサロン。
お花やグリーンの一つくらいは飾っておきたいものですよね? 


けれども、手入れが面倒、時間がなく枯らしてしまう。


毎日水をあげたり、切り花なら水を替えて清潔に保ったり、またお花に元気が出て長持ちするよう栄養分や延命剤を与えたり、水揚げをしたり・・・

切り花は根のある状態とは違い、水を吸い上げる力が弱くなっているので、「水揚げ」という方法でそれを助けます。
切り戻し、水切り、湯揚げ、逆水、酢で煮る、焼く、アルコールにひたす、深水などなど・・・

花の種類や状態によってそれぞれに適したテクニックがあり、真剣に面倒みればけっこう大変な作業です。

日常に忙殺される中、1日1度だけの水替えも怠りがち。実際にはお花の世話までする余裕がないということもあると思います。
 

しかし、造花には生花のような手入れは一切必要なし!
 

最近ではかなり精巧な模造として、本物にそっくりな造花もたくさんあり(特にここ数年は進化しています)、さらに人工水で実際に花瓶に活けているように見えるようなアレンジメントも作ることができます。


こちらの小さなアレンジメント。
一見すると水が入ったガラス花瓶に、ラナンキュラスが活けられたように見えます。

 アーティフィシャルフラワー アートフラワー専門店 観葉植物
   

倒して水をこぼしてしまうようなアクシデントの心配もいりません。

お手入れなしでずっと飾っていられるのでとても楽で便利です。

 


 

 

造花 アートフラワー メリット 利点 清潔 衛生的

 


お花といえば、切り花の場合は毎日花瓶の水替えが必要です。放置しておくとすぐにバクテリアが繁殖して水が濁ります。    

 

アーティフィシャルフラワー アートフラワー専門店 観葉植物(3~4日水替えなしで放置するとこのような状態。)

 
でも!

造花なら虫や雑菌が発生することはないので、衛生面でも安心して飾れます。


例えば、
病室に花を飾ることを禁止している病院が最近増えてきているのはご存知でしょうか?


理由は、アレルギーのある患者さんが花粉を嫌がることがあったり、何といっても感染症などの衛生面においてのリスクがあるためです。


まず、お見舞い用のお花は切り花であることがマナー。
根っこのある鉢ものは「床に根が付く(=入院が長引く)」、と言って縁起悪い・タブーと考えられています。しかし、病気や手術前後の入院中は毎日花瓶の水を入れ替えることが困難かもしれません。
他の人の手助けが要る場合もあります。
 

それでも衛生面では特に気をつけなくてはいけない病院内。
平常時よりも免疫力が低下している患者さんが多いので、特にシビアにならざるを得ません。

その点、アートフラワーならそういった衛生上の心配不要。
シリコン樹脂性の人工水を使用し、まるで本物の花を水に入った花瓶に活けられているように見えるアレンジメントを制作しています。

アーティフィシャルフラワー アートフラワー専門店 観葉植物

 

殺風景な空間がお花ひとつで雰囲気が変わります!

 

退屈になりがちな入院生活に、少しでも充実した時間と癒しの空間をお作りいただけるアートフラワーのお見舞いは喜ばれています。
 


 

 

造花 アートフラワー メリット 利点 芸術的 アーティスティック

 

アートフラワーの大きな特徴の一つは、造りものの花であるがゆえに、生花では実現しない形状を作ることができることです。
茎や葉の部分に針金が入れ込まれており、大きく湾曲させる・ねじる・傾斜をつけるなど、アーティスティックな表情を出すことが簡単です。

           アートフラワー 人気 アーティフィシャルフラワー

生花でも品種によって茎や葉をしならせたり、針金やホッチキスなど色々な道具・材料を使って様々な変化をつけることが可能ですが、その動きには限界があります。また、大きな角度や動きをつけることで、花が早く傷みやすくなります。

生花では表現できないアートフラワーならではの芸術性をお楽しみください!

 

 

 

 

造花 アートフラワー メリット 利点 花粉症フリー アレルギー

 

 
アートフラワーは、人工的な花であるため当然花粉アレルギーの心配なしです!
花を見て綺麗だと感じることは、多くの人が同じだと思います。

しかし、「花が苦手」「プレゼントされると困る」という方もおられます。

その中には、花に近寄ることすらできないという人さえ。

理由は、花粉アレルギー。

「花を見るだけでむず痒くなる。」
そんな方もおられます。

せっかくの綺麗な花を、部屋に飾れないのは残念なこと。
そんな問題を解決してくれるのがアートフラワーです。

アレルギーが心配な方には、安心して飾れる花であることも、アートフラワーの大きな特徴です!